ウッドデッキとお手入れの必要性

自宅にウッドデッキを設置する事に憧れている方は少なくありません。
ウッドデッキを設置する事で、自宅でガーデニングを行う事が出来たり、
バーベキューをしたりする事も出来ます。
ただ決して忘れてはいけない事として、
ウッドデッキの手入れを習慣的に行う事です。
ウッドデッキは設置してそのままという訳にはいきません。
ウッドデッキのお手入れを行ってしまうと、
ウッドデッキがあったとしても汚く見えてしまったり、
すぐに欠損が現れたりしてしまうのです。

 

ウッドデッキのお手入れに必要な事の一つに塗装があげられます。
ウッドデッキは木材を使って作り上げる物ですが、
少なくとも1年に1回程度の頻度で塗装を行う事がおすすめです。
塗装を怠っていると、次第に表面がボロボロになってしまい、
せっかく立派なウッドデッキがあったとしてもどこか残念な見た目になってしまいます。
そこでまずは、塗装を行う前に全体にブラシをかけるようにして綺麗に清掃を行いましょう。

 

1日や2日ほど待ち、乾いたらローラーなどを使ってペンキを塗って行きます。
ウッドデッキの規模によっては丸一日使わなければならない作業となりますが、
これは綺麗に保つのに必要な事です。
また、心得がない方の場合、自分の手が届く範囲内しか塗装を行う事が出来ません。
なので、年に1回ではなくても、数年に1回は業者に塗装をお願いするようにした方がいいかもしれません。
近年ではウッドデッキの専門業者も数多くなっており、こういったプロに設置を依頼することでその後のメンテナンスに関してもスムーズに依頼が出来るので設置を検討されている方にはおすすめです。
また、必要に応じて床板も取り替えるようにして、
安全性を高める事も時には必要であると言えるでしょう。

ウッドデッキを設置するか検討する

土地のスペースが比較的広めな一戸建てがある場合、
ウッドデッキを設置したいと夢見る方も少なくないでしょう。
ウッドデッキがあれば庭の使い道が広がり、
友人を呼んでバーベキューを行ったり、ガーデニングを行ってオシャレにしたりする事も可能です。
ウッドデッキがあるだけで自宅の雰囲気が大きく変わりますので、夢を見る方も少なくありません。
しかし、ウッドデッキを設置する時にはそのような「良い所」だけを見るのではなく、
設置した後の大変な部分も決して無視してはいけないのです。

 

ウッドデッキの大変な事としては、欠損や老朽化がみられた場合、修理が必要となります。
その為には手間も費用もかかってしまう事は忘れてはいけません。
定期的に業者に依頼するのであれば手間はかかりませんが、
費用がかかってしまいます。
また、修理に関しても必要ですが、ウッドデッキの景観を保護するには、
定期的な塗装が必要です。
年月が経過する事により、
ウッドデッキの木材の表面には老朽化が見え始めます。

 

これらの修理や塗装といった事は、
ウッドデッキを設置すると必ず必要になる事です。
そのまま放置していて、
簡単な掃除をするだけであれば誰も気にならない事と言えるでしょう。
ただ、業者に依頼しないとすると、
これらの作業は全て自分自身で行わなければなりません。
心得が無い方にとって面倒で難しい事でもありますので、
こういったウッドデッキ設置後の手間がかかるポイントもしっかりと検討した上、
本当に設置するのかどうかを決める様にしてみてはいかがでしょうか。
 

更新履歴