ウッドデッキにはメンテナンスを

ウッドデッキは設置して終わり、という物ではありません。
ウッドデッキに使われている素材は木材であるため、
日々劣化してしまいやすい特徴があります。
ただ、使い方や習慣的なメンテナンスを行う事によって、
ウッドデッキの寿命を延ばす事は可能です。
そこで、ウッドデッキのメンテナンスの必要性を知っておく事がおすすめです。
ウッドデッキのメンテナンスとして必要な事の一つが、
こまめに掃除を行うという事です。
ウッドデッキの木目の隙間には砂埃が侵入してしまう事があるので、
しっかり取り除いてあげるようにしましょう。
表面に見える細かい砂埃を放置していると、
表面に塗装をしていても汚れやすくなってしまうので、
ウッドデッキの景観に関わってしまいます。

 

ホコリが残っていると雑菌が繁殖して木材を腐らせてしまう事の原因にもなります。
そこでウッドデッキの掃除に必要な事が、デッキブラシです。
表面に中性洗剤などを使い、汚れをしっかりと取り除く事が大切です。
ウッドデッキは雨の日は雨水に当てられてしまうため、
時にはコケが生えてしまう事もみられるのです。
そういったコケに関してもブラシで取り除かなければ、木材の劣化に繋がってしまいます。
木材は雨に濡れると膨張し、乾燥すると収縮するため、
年月が経つと亀裂などの破損がみられる場合があります。
そのような時には床板を取り替えるなど、安全性を高める為のメンテナンスを行う事も大切です。
ウッドデッキの寿命を少しでも長くする為に、日々のメンテナンスを怠らず行って下さい。